会計事務所と会社設立

管理者

一般的に会社設立代行を依頼する相手先としては、税理士や司法書士を連想されるのではないでしょうか。こうした状況下、会計事務所が同じように代行サービスを行っています。ここでの注意点として、税理士と会計士は異なる国家資格を有する専門職である点が見過ごせません。

書類税理士はその名の通り、税務関連の専門職です。企業の税金に関する書類作成や税務相談など、合法的な節税対策や法律で定められた税務処理を担当する存在です。対して会計士のメインの職責は「監査」です。これは会社が作成した決算報告書に誤りや矛盾点が存在しないかどうかのチェックを行う作業であり、会社とは一定の距離感のスタンスが求められる職種です。

このように、会社という営利目的の法人組織を、あくまで外部からチェックする立場の会計士だからこそ、よりシビアな目線を持ち合わせられますし、弁護士や司法書士など、他の国家資格を有する専門職とのネットワークを構築しています。会社設立段階から、会計事務所と良好な信頼関係を築いておくことで、起業として動き始めた後に生じる、想定外の事態への速やかな対応が期待できます。会社設立を会計事務所に依頼することで、こうした体制作りに繋げるのも、ひとつの有効な会社設立方法です。