管理者

頭抱える今日インターネット上においても、さまざまな専門資格を持つ方々の二次的なサービスとして、あるいは自社の主業務として、会社設立代行に応える旨の配信が、多数確認できます。会社登記に必要な書類作成や一連の流れは、細かく規定されている上に複雑です。書類上の僅かな記載ミスだけで返却されてしまい、何度も提出先へ再作成して足を運ばねばならなかった、そんな経験談も少なくありません。

そして、こうした事務的な対応ばかりに時間を取られていては、新たに旗揚げする組織の準備構築がおろそかとなりかねません。現場を準備から整備までしておき、登記完了したらスムーズにアクセルを踏み込むように業務を開始できなければ、他企業からの信用も得ることができません。経営者そして現場責任者として優先すべきは、やはり現場での準備作業であり、書類作成や提出などの作業に関しては、全幅の信頼を寄せられる、然るべき第三者に委ねた方が、安全確実かつ効率も良いという判断は、決して間違いではありません

ここでは会社設立代行サービスを積極的に展開している、会計事務所という専門職に着目します。会計士に会社設立手続きの代行を依頼するメリットなど、早い段階で知っておきたい関連知識のチェック作業を進めます。企業が中長期的な安定経営をして成長を続ける中、確保しておきたい各方面の専門家との人脈に繋がるなど、興味深い内容も説明させていただきます。ぜひ自身の事業計画にご活用ください。