会計事務所活用の利点

管理者

会社設立代行の依頼先候補である事務所に所属する会計士が、税理士の資格を併せ持っている場合、会社設立を会計事務所に依頼するメリットがより大きくなります。

起業して会社が動き始めた後、会計士と税理士双方を個別に探す手間のみならず、中長期的な費用面での大きな削減効果に繋がります。また会社設立段階から密接なコミュニケーションを重ね、既に信頼関係が構築された状態で、社内の経理面の監査と税金関連を一任できれば、これは理想的な外部からのサポートになります

パソコン会社設立代行サービスの利用に際しては、やはりインターネットの検索機能を活用して候補先を複数選び出し、そこから比較検討作業に移る流れが確実です。会計事務所の代行サービスの金額的な条件面だけでなく、その事務所が有する独自のネットワークや実績など、幅広い情報をチェックの上、必ず十分なコミュニケーションを交わしてください。

起業から会社が動き出した後に、何となく歩調が合わないなど、相性面の不合致が露呈すれば、それは自社にとって大きなマイナスです。会社設立代行を「点」として捉えず、その後も良好な関係を維持し、そのメリットを継続的に活用する「線」で捉えた選択が大切です


◆推奨リンク◆
会社設立代行や税務顧問の無料相談は税理士法人アディーレ会計事務所

会計事務所と会社設立

管理者

一般的に会社設立代行を依頼する相手先としては、税理士や司法書士を連想されるのではないでしょうか。こうした状況下、会計事務所が同じように代行サービスを行っています。ここでの注意点として、税理士と会計士は異なる国家資格を有する専門職である点が見過ごせません。

書類税理士はその名の通り、税務関連の専門職です。企業の税金に関する書類作成や税務相談など、合法的な節税対策や法律で定められた税務処理を担当する存在です。対して会計士のメインの職責は「監査」です。これは会社が作成した決算報告書に誤りや矛盾点が存在しないかどうかのチェックを行う作業であり、会社とは一定の距離感のスタンスが求められる職種です。

このように、会社という営利目的の法人組織を、あくまで外部からチェックする立場の会計士だからこそ、よりシビアな目線を持ち合わせられますし、弁護士や司法書士など、他の国家資格を有する専門職とのネットワークを構築しています。会社設立段階から、会計事務所と良好な信頼関係を築いておくことで、起業として動き始めた後に生じる、想定外の事態への速やかな対応が期待できます。会社設立を会計事務所に依頼することで、こうした体制作りに繋げるのも、ひとつの有効な会社設立方法です。

専門家による会社設立代行

管理者

頭抱える今日インターネット上においても、さまざまな専門資格を持つ方々の二次的なサービスとして、あるいは自社の主業務として、会社設立代行に応える旨の配信が、多数確認できます。会社登記に必要な書類作成や一連の流れは、細かく規定されている上に複雑です。書類上の僅かな記載ミスだけで返却されてしまい、何度も提出先へ再作成して足を運ばねばならなかった、そんな経験談も少なくありません。

そして、こうした事務的な対応ばかりに時間を取られていては、新たに旗揚げする組織の準備構築がおろそかとなりかねません。現場を準備から整備までしておき、登記完了したらスムーズにアクセルを踏み込むように業務を開始できなければ、他企業からの信用も得ることができません。経営者そして現場責任者として優先すべきは、やはり現場での準備作業であり、書類作成や提出などの作業に関しては、全幅の信頼を寄せられる、然るべき第三者に委ねた方が、安全確実かつ効率も良いという判断は、決して間違いではありません

ここでは会社設立代行サービスを積極的に展開している、会計事務所という専門職に着目します。会計士に会社設立手続きの代行を依頼するメリットなど、早い段階で知っておきたい関連知識のチェック作業を進めます。企業が中長期的な安定経営をして成長を続ける中、確保しておきたい各方面の専門家との人脈に繋がるなど、興味深い内容も説明させていただきます。ぜひ自身の事業計画にご活用ください。